ご挨拶

高知県技術士会代表幹事 右城猛
高知県技術士会代表幹事 右城猛

 技術士とは,技術士法で「科学技術に関する高等の専門的応用能力を必要とする事項についての計画、研究、設計、分析、試験、評価又はこれらに関する指導を行う者」と定義されています。文部科学省が実施する技術士試験に合格した者に与えられる称号です。
 技術士には化学、金属、建設、水道、農業、林業、水産、応用理学、環境など20の部門があります。医師や建築士のように業務を独占する国家資格ではありませんが、官公庁がつくる橋や道路などで高度な技術を要する設計をするには技術士の資格が必要となっています。


 高知県技術士会は県内に在住する技術士で組織された任意団体で、1986年10月に設立されました。設立当時の会員は14名でしたが、現在110名が所属しています。毎年、会誌の発行、講習会、技術士受験指導などを行っています。


 1995年の阪神大震災の後で高知県の橋本知事を訪問し、災害ボランティア活動宣言をしています。2004年8月の早明浦豪雨災害では本山土木事務所の要請で被災現場の調査と復旧対策のアドバイスをさせていただきました。2008年4月の国道194号山腹崩壊事故では高知県中央西土木事務所の要請を受けて現地調査をし、調査報告書を提出させていただきました。2009年8月の台風9号による桑原橋の災害復旧の際には高知県技術公社に対して技術支援をさせていただきました。


 防災,災害復旧などに関する相談、技術講習会の講師を希望されるときは,事務局[第一コンサルタンツ内,明坂宣行(tel 884-1330)] までご連絡下さい。

 

2010年8月


高知県技術士会事務局

〒781-5105

高知県高知市介良甲828-1

株式会社 第一コンサルタンツ内

n-akesaka@daiichi-c.co.jp

tel:088-821-7770(代表)

fax:088-821-7078